アスティル道頓堀
Astil doutonbori

所在地:大阪市中央区
主要用途:宿泊施設(カプセルホテル)
設計:奥和田 健・吉永 幸善 (協働)
素材協力:ANALOG

大阪のカプセルホテルのデザイン例01


アスティル道頓堀

大阪のミナミエリア道頓堀、華やかな都市の中に
沢山のゲストを迎え入れる豊かなカプセルホテルをつくりたいとの要望であった。


大阪のカプセルホテルのデザイン例02


大阪のミナミエリアは様々な飲食店が沢山あり、国際的な観光地でもあるので人も多く、昼夜問わず賑やかな場所である。その街並みは、ミナミ名物ともなっている大きなネオン広告や華美な装飾を伴ったテナントビルが立ち並らび、個々の建物が自ら光を放ちながら形成されていてる。


大阪のカプセルホテルのデザイン例03


そんな都市が放つ光を受けて帰ってきたゲストを優しく迎え入れるように、光を吸収する素材として木をつかい、大阪を初めとした近畿圏が古代より受け継いできた木の文化に触れながら「木のもてなし」をデザインとして具現化し、全体を構成した。


大阪のカプセルホテルのデザイン例04


旅人の憩いの場所となってくれれば設計者として幸いである。


大阪のカプセルホテルのデザイン例05

設計: 奥和田 健/ 株式会社 奥和田健建築設計事務所
協働:吉永 幸善/パラボラデザイン
素材協力:株式会社ANALOG