高野山の住居 
house in Koyasan

主要用途:専用住宅
構造規模:木造 地上2階建て

設計監理:奥和田 健・福川 加奈子
   株式会社 奥和田健建築設計事務所
施工:大彦組(高野山)
撮影:山田圭司郎
キッチン協力:KITCHEN HOUSE
床材協力:ANALOG
塗料協力:OPTIMUS


高野山の住居
 
開創1200年の高野山に建つ住宅。



敷地周辺は観光客の往来が多いエリアではあるが比較的に落ち着いた通路に面していた。
静寂としての視線コントロール、そして採光と通風の確保を兼ね備えた計画が求められた。



全体の配置として敷地を3つのエリアに分け、南側を中庭ゾーン・中央を居住ゾーン・北側を外庭ゾーンとし、それらを白い壁で包み、光と風が通りぬける空間を構成した。







室内構成としては、通常のエントランスと共に中庭からもリビングへアクセスできるようにし、そのまま外庭へと移動できるように計画。多様な来客へのもてなしを考えた。







建具の開放と共に高野山の自然と空気が注ぎ込まれていく。
































設計: 奥和田 健・福川 加奈子 / 株式会社 奥和田健建築設計事務所
撮影:山田圭司郎