シラハマノヒラヤ
 
建主の夫婦が用意した敷地は
東西北と山に囲まれ南側に海が広がる
白浜の高台でした。

現地へ行くと海も美しかったのですが
何より敷地を囲む山の稜線が美しく感じられ
その稜線に沿うように低い屋根を持つ平屋を
そっと配置しようと考えました。 

敷地へのアプローチは大きくカーブを描く北側道路からの小さな入り口になっていて
接道部分から十分な距離に建物を配置し
一歩一歩住居へ近づくと共に
その向こうにある青空と海への高揚感が
増してくるようにしました。

東西に長い長方形の平面にリビングを配置し
南側に庇を兼ねた外部フレームを設けた
構成となっています。
 
大きな玄関扉を開けて広がる青空と海は
この家だけの景色であり
建主の暮らしの背景となっています。

西〜北〜東と三方は山に囲まれ


南側には海が広がっています


平屋までのアプローチを歩き


大きな扉を開けると


建主夫婦だけの景色が広がります


太陽と風を感じて腰かけたり


広く明るいリビングを自由につかいながら


この平屋と共に


大きな庇と大きな濡れ縁があり

山に面した寝室 海に面した浴室






設計: 奥和田 健 / 株式会社 奥和田健建築設計事務所
構造:土屋 茂 / 株式会社土屋設計
撮影:YukoTada / 多田ユウコ写真事務所