Lの敷地の住宅
オープンハウス|LSH
2018/11/25 (日)  10:00〜17:00


「introduction」

そういえば僕が6歳になった時
寝室として「はなれ」を与えられました。
ご飯を食べて風呂に入ったあと、独り「母屋」から「はなれ」へと移動するのです。

初めは少し寂しい気持ちにはなりましたが、春が来て暖かくなったなと思いながら目を横に向けると
渡り廊下の側の庭には猫が来てくれて、こちらを向いて呼び掛けてくれました。
月灯りで影ができるのを知ったり、雪にも温かみを感じることができたのも
「はなれ」へと移動する時で、生活の中で触れる「外」が こんなに豊かなのかと思ったものです。

今回の敷地は大阪市内。
施主さんは僕にL型の敷地を用意してくれました。
ここに住みたいとおっしゃった時、どうしようかなと思ったけれど、一緒に話をしているうちに、外でのアクティビティを嗜む方だというのが解り
この方だと生活の中で触れる「外」を豊かに感じてもらえると確信し、家の構成を考えていきました。


いつも住宅をつくる時には、場所について考察した後に生活の矩形を考え、それらを配置して行くのですが、今回はチューブ状の矩形を初めに考えて、それをL型の敷地に合わせて引き伸ばしながら折って、その部分を開きっぱなしにして「外」にしました。
すると内部空間が2つに分かれ
イントロダクションでもある前面道路から進むと
外 → 内 → 外 → 内 → 外 と移動できることに気づきました。
これらに住要素を与えて生活の場を整えたのが、この「Lの敷地の住宅」になります。



最後のドン付きの「外」に何か欲しいとなり
11月25日のオープンハウスでは BAKIBAKI (山尾 光平) MON (大山 康太郎)のユニットDOPPELによる ライブペインティングをお願いしています
植栽は、堀 成徳 今中 久美子|森林食堂 Happa nursery のお2人
施工はいつも無理を聞いてもらっているトータルトークの片山氏
今回は クラフトビール醸造所 Derailleur Brew Works の皆様の協力を頂き
期間中クラフトビールを味わって頂けます。
設計は僕と事務所のみんなです。

そんなこんなをイベント化にしましょうと言うことになり
僕も機材を持って行き音楽を流します

Lの敷地の住宅
「外」と「内」の生活移動を嗜んで頂ける空間になったのではと思っていて
僕も大好きな住宅です
11月25日のオープンハウス、楽しんで頂ければ幸いです。

        奥和田 健|okuwada architects office 奥和田健建築設計事務所

Lの敷地の住宅 オープンハウス



Lの敷地の住宅オープンハウス
11/25(日) 10:00-17:00
大阪市中央区(谷町6丁目より5分)
詳細場所は予約の後に送信いたします

連絡フォーム

お名前
 

メールアドレス
 

お電話番号
 

属性
一般(下記関係者に属さない一般の方)
学生
建築デザイン関係者(奥和田の知人、その他)
植栽の関係者(森林食堂)
アート関係者(DOPPEL)
クラフトビール関係者(Derailleur Brew Works)

建築デザイン・学生・関係者の方は所属先
一般の方はご住所をご記入ください

 

コメントなど (例: 25日13時くらいに行きますなど)

          
 


Lの敷地の住宅 オープンハウス 2018/11/25(sun) 10:00-17:00 (入場無料)

場所:大阪市中央区 大阪メトロ 谷町6丁目駅より5分 詳細住所はご予約時にお伝えいたします (上の連絡フォームより申し込みください)
設計:奥和田 健|okuwada architects office 奥和田健建築設計事務所   構造:土屋茂|土屋設計
施工:片山浩太郎|トータルトーク  植栽:堀 成徳 今中 久美子|森林食堂 Happa nursery
ライブペインティング:BAKIBAKI (山尾 光平) MON (大山 康太郎)|DOPPEL
※ Special Thanks:Craft Beer|Derailleur Brew Works

皆様のお越しをお待ちしております。

問合せ:okuwada architects office 奥和田健建築設計事務所 TEL 06-7506-2677