Lの敷地の住宅| L site L house
奥和田 健
Okuwada Architects Office
株式会社 奥和田健建築設計事務所
そういえば僕が6歳になった時
寝室として「はなれ」を与えられた。
ご飯を食べて風呂に入ったあと
独り「母屋」から「はなれ」へと移動するのだ。

初めは少し寂しい気持ちにはなったが、春が来て暖かくなったなと思いながら目を横に向けると、渡り廊下の側の庭には猫が来てくれて、こちらを向いて呼び掛けてくれた。
月灯りで影ができるのを知ったり、雪に温かみを感じることができたのも、「はなれ」へと移動する時で、生活の中で触れる「外」が こんなに豊かなのかと思った。
Lの敷地の住宅 |設計 奥和田 健
今回の敷地は大阪市内。
建主はL型の敷地を用意していた。
繁華街に近く、オフィスや高層・ 低層の住宅と共に、戦時中に焼失を免れた町 家も残っている地域だ。

道路を挟んで向かい側にも路地があり、地域住民はその路地を使い生活をしている。
この向かいの路地から道路、そして敷地の端からLの折れ点、さらに端部へと歩いていくと、その節々ごとの都市風景を見ることができた。

細長い敷地は、同じ面積の敷地と比べて、端から端まで移動できる距離が長く、移動を楽しむことができる。これらの都市風景の断片を、外部へ透過させながら内部に入れ込むと、このLの敷地の個性が増幅すると考えた。

そして、建主も外でのアクティビティを嗜む方だったこともあり、生活の中で触れる「外」を豊かに 感じられるように、家の構成を考えていった。


建主が持つ生活を整理しながら、それぞれに必要な最低限のヴォリュームを単純な矩形に整える。そして敷地と照らし合わせ、矩形を組み合わせて営み同士の関係性を考える。

今回の建主の家族構成は単身。寝食と寛ぐためのヴォリュームのほかに、建主の趣味である自転車の収納・整備のためのピット、室内に入る前にアクセスができるシャワールームのヴォリュームが必要であり、それらを繋ぐと、少し細長い矩形になった。

これをL型の敷地に合わせて引き伸ばし機能の境目でぽきっと折り、その折れ目を開かれた「外」にした。すると、内部空間はふたつに分かれ、向かいの路地から前面道路、家の中へと「外 → 内 → 外 → 内 → 外」と移動していくことになる。

その内外の切り替わりと生活の機能を対応させ、生活の場を整えた。



Lの敷地の住宅 | 芝屋根部分
Lの敷地の住宅 | 芝屋根部分2
Lの敷地の住宅 | 中庭部
(※T)
Lの敷地の住宅 | エントランス部
(※T)
Lの敷地の住宅 | 中庭部
(※T)
Lの敷地の住宅 | 路地と繋がる
(※T)
Lの敷地の住宅 | メンテナンスピット
(※T)
Lの敷地の住宅 |らせん階段
(※T)
Lの敷地の住宅 | キッチン
Lの敷地の住宅 | 天井高さに違いをつける
Lの敷地の住宅 |吹き抜け
Lの敷地の住宅 |2階
Lの敷地の住宅 |螺旋階段と机の曲線
Lの敷地の住宅 |2階
Lの敷地の住宅 |吊り床
Lの敷地の住宅 | 吊り床部
Lの敷地の住宅 |夕景
Lの敷地の住宅 |壁画
Lの敷地の住宅 |夕景とキッチン
Lの敷地の住宅 |階段とキッチン
Lの敷地の住宅 |夕方2階
Lの敷地の住宅 |夕方中庭
Lの敷地の住宅 |エントランス夕景
Lの敷地の住宅 |夕景 ファサード
Lの敷地の住宅
設計:奥和田 健|okuwada architects office 奥和田健建築設計事務所
撮影:山田圭司郎 YFT(photo&movie)
 (※T)については撮影 高橋菜生
構造:土屋設計 土屋茂
施工:トータルトーク
植栽:堀 成徳 今中 久美子|森林食堂 Happa nursery

所在地:大阪市
主要用途:専用住宅
構造規模:木造2階建て

新建築 住宅特集 2020年4月号 掲載