Tの家(東京)
奥和田 健
Okuwada Architects Office
株式会社 奥和田健建築設計事務所

敷地は練馬区と豊島区と板橋区の接するエリアにある住宅地。
前面道路から北へ敷地に入り、その北側には空地があり、その向こうには緑道が広がっていた。
この敷地に長年住まれた親世帯と子世帯が、共に暮らすための新しい住居の依頼。
親世帯は将来的に賃貸へも転用できること。隣地には親族も暮らされていて、繋がりを持った動線であること。子世帯の小さな職場もつくること。敷地の特性を活かした計画などが求められた。
敷地を歩くと、中央から北側へと抜けがあり、少し向こうの緑道の雰囲気が伝わってくる。
直接歩行し通り抜けるには権利の問題が発生するが、空間として北側の隣地そして緑道とつなげ、この地域の都市風景を建築に取り込み住居を構築するのが良いのではと考えた。

親世帯ボリュームと、子世帯ボリュームを敷地の中で配置し、互いに少し距離を開け、そのスペースを北側へ抜けるコンコースのような外部のメイン通路としながら、住居もコンコースからアプローチできるように考えた。
緑が広がる裏側へ出て、屋外階段を上がると、屋上へ直接アクセスできる。

屋上には、ペントハウスのような「はなれ」をつくり、そこを小さな職場とした。
屋上からは住居へも入ることが出来て。室内の階段を使い1階へと降りれば、中央のコンコースへと出られる構成。
コンコースと屋外階段そして屋上の通路と住居とはなれ。
これらの移動時に、すこし立ち止まり話をしたり、地域の都市風景を感じとれる。
住居に「移動と滞留」の場を組み込む試み。
 











































Tの家(東京都)
設計:奥和田 健、松田 典子
|okuwada architects|奥和田健建築設計事務所
施工:カタヤマ建築工房 撮影:山田圭司郎|YFT

所在地:東京都
主要用途:専用住宅(賃貸併用二世帯)
構造規模:木造2階建て