奥和田 健
Okuwada Architects 奥和田健建築設計事務所
家具と人と時間 LC3
  

 
家具は、人と共に家で暮らす。

そう思っている。

人に寄り添い、時間を共有するのが家具であり、人がこの世を去っても、家具は使っていた人の気持ちを静かに語ってくれる。

愛し使うことで、物に心が宿る
車、自転車、服、時計、文房具
家具、家も同じ。

自分の分身として愛すると、きっと物は答えてくれる。
何か困ったときでも、時間と共に、物は解決のきっかけを与えてくれると思う。

大切に、そして丁寧に向き合いたい。
  

 
12月
朝から、カッシーナの篠崎さんが、色々とトラックで持って来てくれた。
家族3人、それぞれ専用の1人掛けソファーを選び、夏に発注したのが届いたのだ。

同じシリーズ(LC3)で、生地とフレーム色とアーム位置を、それぞれの好みで3台。

[1] 黒レザー|クロームフレーム|右アーム
[2] グレーレザー|クロームフレーム|左アーム
[3] ファブリック|ホワイトフレーム|左アーム

フェザーの硬さは一緒だが、生地により沈み込みが違うのと滑りも違う。
レザーもファブリックも数年使うと、独特の経年変化があり、それも楽しみ。
特に、ファブリックのヤレ感に期待している。
  

 
僕と妻は多分30年近く座り続け
息子は70年くらい座ると思う。

いま中学2年の息子も、将来は独立して生活するだろう。
18歳から一人暮らしをするのか、社会人になってからか分からないが、自分のソファーと共に引越してくれたら良いと思う。

やがて僕も、この世から居なくなるだろう。
その時に息子に何を残せるか解らないけれど、僕のソファーを思い出に、何とかしてくれたらと。

家具は人と共に家で暮らし
人と共に歩むのだと思う
  
2020.12.27
奥和田 健 / 奥和田健建築設計事務所

https://okuwada.com/
ブログの目次へ

<< ニューノーマル2020AW   2021年始の休日 >>